ツール・ド・おきなわ 2016 市民レースの優勝はイナーメの高岡亮寛選手(2連覇)

advertisement

昨年に引き続き、今年のツール・ド・おきなわの市民レースの優勝はイナーメの高岡亮寛選手。

恐らく日本一練習内容をブログにコマメに公開しています。

今回のレースのワットも公開。

我々サラリーマンサイクリストにとって、高岡選手の練習内容は参考になります。
元々の才能であったり、経験もあるのでしょうが、やはり決めた練習をコツコツやり抜くという事が強さの秘訣かと思います。

ついついサボってしまうのが人間ですが、この人はサボらない。

しかも仕事もして、飲み会にもかなり行っているというスーパーサラリーマンです。

10月は3000km走ったみたいです。
ツール・ド・フランスのコース全長が3500kmくらいですから、それに匹敵するくらい走ってる事になります。

IT技術者ロードバイク日記で良く出てくるマツケン氏すらも敵わないという事で次元が違うんでしょうね。
IT技術者ロードバイク日記を見ていると、そのマツケン氏ですら異次元と思わせられますが、その上を行くという。。。

私はトライアスロン派なので、ロードレースに出ることはないと思いますが、練習内容は参考にさせて貰っています。

コツコツ継続することの大切さを改めて感じた次第。

私の現在の実力はFTP値が210wくらい。
ただ、ジムのエアロバイクの値なので実際の所どうなのか分からないです。

ツール・ド・おきなわで優勝するならFTP値は350wくらいなのでしょうかね。
いきなり伸びるものではないので、地道にちょっとずつ伸ばすしかないと思っています。

RoppongiExpress


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement