Canyon Ultimate CF SLXのシートポスト固定ギミック

advertisement

Canyon Ultimate CF SLX新型フレームではシートポストを固定する方法が、従来のシートクランプとは別の方法が採用されています。

そのギミックはコチラ↓

シートステーとシートチューブの交差点に穴が開いており、そこにネジを締め込んで固定するやり方。

↓はネジを差し込んでいる途中の写真。これをネジが見えなくなるまでねじ込みます。

最後にゴムのプラグを被せて出来上がり。

Cycle Sportsによると、
『シートチューブ上端にシートポストを固定するクランプが存在しないことで、これまで以上にポスト部にしなりを与えることが可能になった。これにより垂直方向の変形量は15%、水平方向の変形量は37%増大し、変形時のサドルの傾きは13%抑えられ快適性が向上している。しかもこのシステムの重量はわずか15gと軽く、美しいフォルムを実現してフレーム内に泥などが入る可能性も低減する。』
とのことです。

他社にはない、面白い仕掛けですね。



『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement