微笑みの国、タイの自転車ショップ事情

Ad

UCI2.1クラスに昇格した今年のツアー・オブ・タイランド。

ツアー・オブ・タイランド2017

レースが開催されれば、観客も増えて、サイクリング人口も増えるというもの。
昨年タイで何度かサイクリングしましたが、タイ人のサイクリストは予想以上に多かったのが印象的でした。

そんなタイですが、バイクショップ(自転車ショップ)の品揃えなどはどうなのか気になったので、首都であるバンコクのバイクショップを覗いていみました。

バンコクにはいくつかハイエンドバイクショップがあるのですが、行ってみたのはBTSラチャダムリ駅近くのProbike。

Trek専門店で、コンポはシマノのみ。
ロードバイクやMTB、クロスバイクなど一通り置いていました。

ウェアやヘルメットももちろん置いてました。ヘルメットはOGKカブトを扱っていて少しびっくり。
ヘルメットはBontragerも置いてあってBallistaを試着しました。

Trekの最上位モデルMadone9シリーズの実車が置いてありましたね。

価格は日本よりも大体すこしばかり高い設定。
タイで買っても安くないことが分かりました。

Probikeのウェブサイト

以前、当ブログでも書きましたが、新城選手や土井選手は合宿先としてタイを選んでいますし、特に地方は交通量もそれ程多くない、かつ信号もあまり無いので練習環境としては良いと思います。

チェンマイやチェンライ辺りは山も多く、ヒルクライムやり放題です。ただし、斜度がたまにおかしいくらいキツイですが。。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad