電動シフト付き自転車の飛行機輪行について(スイス インターナショナル エアラインズの場合)

advertisement

ANAの国際線ではDi2を含む電動シフト自転車の輪行は一切不可能という驚愕の事実が判明したのですが、他の航空会社ではどうなのか、確認してみました。

当初私が電動シフト付き自転車を輪行しようとした、スイス インターナショナル エアラインズ。

聞いた結果は、

Thank you for your email regarding the transportation of your Bike and campagnolo electronic drivetrain.

We are sorry to inform you that the bike component is not permitted. Your are only permitted to take check in a bike on its own which is not an e-bike (electronical bike). As stated in the link below:

https://www.swiss.com/ch/EN/prepare/baggage/special-baggage

Should you wish to have a normal bike to be booked please contact our Service Department. Given below is the link for our contact details:
https://www.swiss.com/ch/EN/customer-support/service-center

We hope the information provided suffices.

受託手荷物としては電動シフト付き自転車は預ける事ができないとのこと。また、その後日本のスイス航空の担当者に聞いたところ、バッテリーをフレームから外して機内に持ち込みすれば持ち込んでも良い、という事が分かりました。

とはいえ、私のCampagnolo EPSはフレームのダウンチューブの中にしっかりと固定されており、フレームからバッテリーを取り外すのはBBを外すなど非常に困難。実質的に不可能です。

ということで、スイス インターナショナル エアラインズでは、条件付き(バッテリーを外して機内持ち込み)で飛行機輪行が可能という事が分かりました。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement