Giro Synthe(ジロ シンセ)インプレ

Ad

Syntheを使用してみましたのでインプレを書いてみました。

今メインで使用しているヘルメット「ボントレガー バリスタ」との比較を中心とした、GiroのSyntheのインプレです。
比較対象がエアロヘルメットのバリスタということで、ちょっと比較対象としては不適切なのかもしれませんがあしからず。
Syntheも一応エアロヘルメットと言われているので、エアロヘルメットの比較検討されている方もいると思うので書きます。

まず、「重量」。
私が購入したSynthe Mサイズは重量が222グラム。対して、バリスタは258グラム。
その差は36グラム。
わずかではありますが、被ってみると、Syntheは軽さを感じます。
一方バリスタはズッシリ感はあります。

続いて「装着感」。
これは個々の頭の形にも影響されるので何とも言えないですが、個人的な感想としては、Syntheは浅目。バリスタは深めな被り心地。
サイズにもよるのかもしれませんが、一応どちらもMサイズでの感想です。

続いて、「クーリング性能」。
これはSyntheの圧勝。
ベンチレーションの穴を見れば一目瞭然ですが、Syntheは随分涼しく感じました。
一方のバリスタは、特にヒルクライムでは汗がびっしょりかくくらい、クーリング性能は期待できません。
バリスタはクーリング性能を犠牲にしてエアロ効果を狙っているので当然と言えば当然なのですが、これからどんどん暑くなっていくので、バリスタは正直熱がこもってしまう事は間違いないです。

Syntheが届いた当初に被ってみて感じた、後方側頭部の締め付け感は、ライド中気にならず。
被る角度やアジャスターを調整することで軽減されました。

Stravaのタイムもあまり変わりないようですので、エアロ効果的にもそれ程変化が無いと(私の脚力パワーでは)思います。
TTポジションで長時間乗るなどですと、バリスタに分がありそうですが、通常のライドであればそれ程気にする差は無いのではないでしょうか。

個人的には暑さが籠るよりも涼しく乗りたいので夏場はSyntheですかね。
逆に冬は保温力のあるバリスタを被るのが良いですね。あとは雨の日もバリスタは雨除けになって良いです。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad