SHIMANO R55C3 ブレーキシュー交換

advertisement

私のバイクではなく、連れ合いのバイクなのですが、ブレーキが効きにくいというので見てみるとブレーキシューがかなり減っていました。

ということでブレーキシューの交換です。

連れ合いのバイクのドライブトレインは105の5500系。今年5800系がローンチしましたので、既に4世代前のものです。

しかし、さすがはシマノ。5500系のブレーキシュー(R55C3)は5700系までと同じなのでまだまだ交換が可能です。

R55C3_9975

R55C3_9976

ブレーキシューは下記のネジを外すことで取り出し可能です。
R55C3_998

ネジを外したところ。
R55C3_997

新品のブレーキシューと使い古したブレーキシュー。相当減ってます。
R55C3_9978

R55C3_9981

ブレーキシューを外した状態。
R55C3_9983

R55C3_9986

今回新しいブレーキシューに付属していたのはプラスドライバーのではなく、アーレンキーで締めるタイプ。どうやら5mmのアーレンキーが必要らしい。持っていなかったので、もともとのプラスドライバーのネジで締め直しました。

R55C3_9979

ブレーキはバイクの中でも最も重要なパーツなので、定期的にチェックして摩耗しているなら交換してあげましょう。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement