ベースレイヤー Outwet EP2 インプレ 2回目

advertisement

前回の記事でベースレイヤーのOutwet EP2についてインプレしましたが、再度Outwet EP2を着て走ってきましたので再度インプレです。

気温7度くらい、風はかなり強風のコンディションで、向かい風では全力で漕いでも25kmくらいしか出ない状況でした。

気温はそれ程低くなかったですが、強風のため体感的には0度近かったと思われます。そんな中Outwet EP2はどうだったのか。

Outwet_EP2_0654

Outwet EP2は半袖なので、当然腕の部分は寒さを感じましたが、Outwet EP2を纏っている体部分は寒さは感じず。しっかりとした保温力があり、体の冷えは感じませんでした。

そして、逆風の中多摩川を走ったのですが、かなりもがいて心拍も上がり、汗も多少ながら出ていたと思いますが、汗による冷えはありませんでした。そもそも汗がOutwet EP2に付いてもシットリと湿るくらいでベチャッとならないのですよね。

以前使っていたパールイズミのベースレイヤーは汗をかくとべちゃっとなって冷える感じでしたが、そんな事は全くなく。

保温性があり、汗冷えがしない、という前回のインプレから今回も変わる事がありませんでした。欲を言えばもう少し風がない状態でしっかりと汗をかく状態でどうなのか、を確かめたいです。

取り敢えず、現時点では自分史上最高のベースレイヤーという評価です。厳冬用として、OUTWET WP3もこの度注文しました。でも都内だとEP2で十分かもしれないです。その辺り含めて、OUTWET WP3も今度インプレします。

ちなみに、帰りは追い風でしたが、それ程力をかけずとも時速40kmペースで走れました。平日で歩行者もほとんどおらず気持よく多摩川土手を走れました。

多摩川を走るのであれば平日に限りますね。

折り返し地点で撮影。
Canyon_ultimate_0649

この後、風に煽られてCanyonが転倒してしまいました。。。エルゴレバーとサドルに傷が入ってしまい、ショックです。ドライブトレイン周りは大丈夫そうですが、気をつけないといけないですね。修理・交換となるとカンパは高いのでそうそう簡単には変えられないです。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement