ベースレイヤー Outwet EP2 インプレ 3回目

Ad

過去2回程、ベースレイヤーOutwet(アウトウェット)のインプレをしてきましたが、しつこいようですが3回目インプレ。

今回はアウターを変えて走ってみました。

アンダー:Outwet EP2
アウター①:アイスブレーカー メリノウール200
アウター②:Gore-tex ハードシェルジャケット

Outwetの上に着た、アイスブレーカーのメリノウールもベースレイヤーなのですが、試しに重ねてみようということで重ね着。そして、その上はゴアテックスのハードシェルジャケット。

さらにリュックを背負ってみました。

ロードではなくて、折りたたみのBD-1で多摩川経由で世田谷から多摩センターへ。

BD-1の重量とリュックを背負うことによる影響で、汗がかなり放出されました。多摩センターへ到着した時には汗でびっしょりの状態。

状態を確認すると、ミドルに着たアイスブレーカーは背中が全面濡れている状態でした。しかし、なぜかその下に着ていたOutwetは湿ってはいるものの、びっしょりではなかったです。汗を吸わないようです。

その時点でアイスブレーカーは濡れて乾きそうもなかったので脱ぎ、インナーのOutwetとアウターのゴアハードシェルだけにしました。

帰りはその状態で家路へと急ぎました。最初はOutwetが湿っているので若干寒かったですが、しばらくすると乾き、その後は寒さを感じず、むしろやや暖かい状態で汗溜まりもせず帰りつきました。

冬の夜中をOutwet EP2とゴアテックスのハードシェルジャケットであまり寒さを感じずに帰れたので、Outwetの凄さを改めて感じた次第です。

ちなみにアウターとして着ていたハードシェルは風は防げますが、暖かさは全くないので、Outwetの体を温める力が凄いということでしょう。

先日注文して現在配送中のOutwet WP3ですが、ようやく日本に辿り着いたようです。

outwet_wp3

ちなみに購入したお店はイタリアのBike Sport Adventure。セールで安かったので2,3個買おうと思ったのですが、なぜか複数個だと日本に送れないと出てしまって、仕方なく1個だけ購入。それでも送料入れて7,200円くらいでした。

超軽量(175g!!)BikeシューズのGIRO Empire Slxも€223.20で売っていたので買おうと思ったのですが、日本への発送はできないみたいでした。残念。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad