CANYON日本到着後の通関手続きについて【1】

advertisement

CANYONを注文(クレジットカード決済)してから、日本に(家ではなく)届くまでに何日掛かったかというと、

7/23 クレジットカード決済完了
8/1 ドイツ出国(DHL)
8/6 日本到着

ざっと2週間掛かりました。私の注文したのはOutlet品なので、注文時点で既に組み立ては完了していて商品は揃っている状態のはず。Outlet以外だと注文を受けてから組み立てなどに時間が掛かるのでもう少し到着までに時間が掛かるのではないでしょうか。

さて、日本に到着してからですが、通関手続きが必要です。

まずは家にこんな封筒が届きました。通関に関する書類です。
customs_0474

今までWiggleなどで海外通販を何度もしていますが、このような書類が届いたのは初めてです。

中には何枚かの書類が入っていました。

■輸入(納税)申告を必要とする可能性がある国際郵便物のお知らせ
customs_0466

■通関手続きに際してのご確認
customs_0471

■通関委任状(輸入)
customs_0468

■輸入しようとする郵便物に関する通関業務規約
customs_0470

CANYON自転車を輸入するにあたっては通関手続きが必要で、通関にあたっては税金が取られるとのことでした。

過去にCANYONを購入した方のブログなどを見ていましたが、税金が掛かる事は書いてありましたが、このような通関手続きが必要だという事は書いていなかった気がしたので少々ビックリしました。

通関にあたっては個人でも輸入申告ができるとのことですが、やり方が分からないので、日本郵便株式会社に輸入申告の手続きの代行を委任しました。

通関に関しての確認の書類に、今回購入したCANYONの品名(Ultimate CF SLX 9.0 LTD EPS 2014)、商品説明、材質(「カーボン」と書きました(笑))、原産地(ドイツ)を記入し、あとは通関委任状も書いて、FAXで川崎東郵便局へ送りました。

添付の封筒でも送れますが、配達時間が掛かるので、急ぐのであればFAXが良いです。
customs_0473

続きます。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement

コメント

  1. 小泉 敏彦 より:

    2015 CANYON Aeroad CF SLX9.0 SL
    をネットで注文し入荷するまでの手順について
    参考にさせて頂きました。特に通関処理の書類
    の部分が具体的で非常に参考になり、スムーズに通関処理を進められ感謝いたします。
    アウトレット品を優先で探していましたが、
    最新機種にして良かったです。GW以降は
    走り込んで行きたいと思います。

    • crow より:

      >小泉様
      コメントありがとうございます。通関手続き、参考になったようで良かったです。
      AEROADの最新機種を買われたのですね。
      今年はCanyon快進撃で、ユーザとしても嬉しい限りです。Aeroadの感想を是非聞きたいです。
      今後ともよろしくお願いします。