Dura-Ace完成車で最安!? Canyon Endurace CFという選択

advertisement

妻のロードバイクがそろそろ購入してから10年以上が経過しようとしているので、ここ最近新しいロードバイクを探しています。

今乗っているのはCannondaleのCAAD5でコンポは105。アルミフレームなのですが、フォークはなぜかTimeのカーボンが付属しています。ホイールは換装して、Dura-Aceの7900を付けていますが、トータル重量は8kg近く。

重量もさることながら、105がイケていないらしい。105の5500系なのですが、ブレーキが効きづらいのと、シフトがとても重いとのこと。

ブレーキは身の安全にも関わる話なのでなんとか新しいバイクを見つけたいなと、現在物色中です。

ブレーキの効きやすさで選べばコンポはDura-Aceが妥当。シフトチェンジもDuraなら105に比べれば天と地ほどの差になることでしょう、ということで各ロードバイクメーカーのDura車をいろいろ見てます。

価格でいけばCanyonに行き着く訳ですが、Canyonの中でもEnduranceモデルというものがあることに今更気づきまして、見ていたところENDURACE CF 9.0 SLはDura-Aceが付いて330,899円(2015/3/11現在)。

endurace-cf-9-sl_c1024

安いので評判のCanyonにあって、更に安い。ちなみに、Ultimate CF SLX9.0のDura-Aceで477,999円。AEROAD CF SLXで551,599円です。ホイールやサドルなどを廉価版にして低価格化を図っていると思われます。

ただ、重量は6,95 kgとかなり軽量に仕上がっています。ULTIMATEやAEROADはレース志向系バイクですが、ENDURANCEはロングライド志向で快適にサイクリングを行えるように最適化されているとのこと。

レースに出ないし、スピードもそれ程重視しない方にとっては、ULTIMATEやAEROADでなく、Endurance CFという選択は実は結構ありなのではないか、と思った次第です。

他のメーカー含めて30万円台前半でデュラエース車が買えるモデルは初めて見ました。

Endurace CF

「CANYON ENDURACE CF 9.0」 快適性と走行性能を両立、ロングライドやヒルクライムに最適な1台(cyclist)

ENDURANCEオーナーの方のブログを見つけました。
↓↓↓
ロングライドしたい初心者

【2016/03/20追記】
2016年版モデルを調査しました。

Dura-Ace完成車で最安!? Canyon Endurace CFという選択(2016年版)


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement