ツール・ド・おきなわ 2015 市民レースの優勝はイナーメの高岡亮寛選手

advertisement

本日、ツール・ド・おきなわ 2015が開催され、市民レースはイナーメの高岡亮寛選手が優勝しました。
おめでとうございます!

高岡選手のブログはいつもチェックさせて貰っていますが、とても参考になります。
ここまで公開してもいいの?というくらい、練習の内容や、食べたもの、行動記録などが記録されていて、大変に参考になります。

同じサラリーマンとして、仕事をしながらどのように練習時間を確保するかは誰もが持つ共通の課題ですが、恐らく高岡選手の方が普通のサラリーマンよりも長時間働いていると思われます。
仕事が終わるのが12時とか当たり前に書かれています。某外資系の金融機関勤めのようです。
先々週は海外出張されていたような気がします。

恐らく、労働時間でもおきなわ参加者の中で上位には入るのではないかというくらい。

そんな中で、如何に短時間で効率の良い練習を行うかは参考にすべき内容だと思います。
ブログを見ていると、ストイックに練習するというより、その時の状況に応じて臨機応変に工夫して練習している様が読み取れます。

また、飲み会とか接待とかも頻繁にブログに書かれているので、ロードレースで勝つにはとにかくストイックに酒も飲まず、美味しいものも食べず、というプロによくありがちな食生活とは無縁。

サラリーマンでパフォーマンスを上げる秘密が沢山書かれています。
ダラダラ長時間練習するよりも計画的に、そして効率的に、そして集中して。
たぶんおきなわ参加者の中でも、高岡選手よりも長時間練習している選手は沢山いるはずです。

ロードレースは戦略要素もありますので、学生時代から活躍している高岡選手はその要素も長けているのだと思いますが、それに加えて体力的要素についてはブログは大いに参考になります。

RoppongiExpress

それにしても、GOKISOホイール良さそうですね。そして、フレームのTIMEのZXRSも良さそう。フレームを変えても他社とスピードは変わらないと思うんですが、体への負担という意味では、ZXRSは疲れにくいんでしょうね。
メットはPOCをレース前に調達したようです。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement