アート・スポーツ破産に見る、スポーツ自転車ショップの今後

advertisement

昨日のヤフーニュースに飛び込んできたニュース、「アート・スポーツが破産申請」
私も何度か利用したことがあったスポーツショップでしたが、そういえば最近はアートスポーツには行っていなかったです。

スポーツ商品を買わなくなったのではなく、実店舗からネット店舗での購入に切り替わったのでした。
そういう時代の流れについていけなかったのか、資金繰りに失敗したのか、詳しい原因は分かりませんが、ともかく売上が近年減っていたとの報道もあり、ネット販売に押されて売上が低迷していたと思われます。

アートスポーツ自体はネットとは無縁だったわけではなく、楽天市場にも出店していましたし、それなりにネット対応を進めていたと思われますが、それでも対応しきれなかったということでしょうか。

このアートスポーツ破産のニュースを見て、自転車ショップにもその波がこれから来るのではないか、と思うのが私の考え。

最近のなるしまフレンドのCanyon拒否ニュースもありましたが、ネット通販が可能であるCanyonの売上が日本においても急上昇しており、今まで静観していたスポーツ自転車ショップもその存在を無視できないところまで来ているように思います。

まだネット直販を行っている自転車メーカーはCanyonくらいですが、WiggleなどもDeRosa、Colnagoといったブランドの中位カテゴリーのバイクをネットで販売しており、近年のバイクのネット販売は徐々に増えていっているのが現状ではないでしょうか。

やはり実店舗で買うのと、通販で買うのとでは値段が圧倒的に違う、ということもあり、ネット通販の利点が実店舗で買うメリットを上回っているのは確実です。
この流れに乗るのか、敬遠するのか、という店のスタンスによって、これからの自転車ショップの売上も随分と変わってくるのではないでしょうか。

私が思うに、これからの実店舗は新車販売ではなく、メンテナンスやオーバーホールで売上を立てた方が良い気がしています。
Canyonなど直販をやられては、価格面で実店舗は到底太刀打ちができません。

自転車は売って終わりではなく、その後、色々とタイヤ、ブレーキの交換等のコンポーネントの交換、修理が必ずやってくるので、そういったメンテナンスで儲ける姿勢を見せないと厳しいような気がしています。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement