Bontrager Ballista(ボントレガー バリスタ) インプレ

advertisement

購入してすぐにBontrager Ballistaを被って自転車に乗ってきました。

新松田から矢倉沢林道→箱根経由で小田原に帰ってくるという、距離は40km程度で短いながらヒルクライムもできるし個人的には結構好きなコース。

新松田を出発してすぐは平地が続きますが、結構風が吹いていてエアロ効果を確かめるのは絶好の機会。
まず感じたのは、向かい風でも頭が煽られる事が少ない事。
ちなみに今まで使っていたのはOGAカブトのMostro。

Mostroは見ての通り穴が開きまくっているので、向かい風では結構風の抵抗を受ける。
頭が仰け反るといっては言い過ぎかもしれないが、それなりの負荷を受けていた。

それが、Ballistaにするとそういう抵抗感はほとんど感じず、うまく風を流してくれた。

デザイン上風の抵抗を受ける箇所が無いので当たり前といえば当たり前だが、向かい風でストレスが無いというのはこの手のエアロヘルメットの優位な点だと実感した次第。

平地を過ぎて続いて登り区間へ。
気になる熱の抜けですが、やはりこれはエアロヘルメットの宿命というか、犠牲になる部分ですが、熱の篭もりは通常のヘルメットに比べると流石にあるのは否めない。
汗が滴り落ちる事が何度かあった。今回のライドではそれ程強度は高くなかったのだが、あまり踏んでいない時にもこの状況なのでガチで頑張ったら結構な熱の篭もりようではないのだろうか?

↓矢倉沢峠
yagurasawa_pass_3749

まあ、もともとヒルクライム用では無いので、山では使わなければ良いだけではあるが。
冬場のヒルクライムにはちょうど良いかも。

ちなみに平地走行中であれば、風がある程度前方から入ってくるのでそこまで熱の篭もりは感じなかった。

下りは快適。風の抵抗も受けないし、風の抜けも良い。ダウンヒルには最高なのはここだけの秘密だ。
今回はBD-1(Birdy)で行きました。

BD-1_3750



『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement

コメント

  1. ゆうき より:

    こんにちは。ブログ楽しく見ています。
    キャニオンのバイクを買ったとありますが身長はどのくらいでしょうか?
    参考にさせてもらいます。
    よろしくお願いします

    • crow より:

      ゆうきさん、
      コメントありがとうございます。
      私の身長は186cmです。
      参考になさって下さい。