「カンパニョーロ スーパーレコードEPS」の充電

Ad

カンパニョーロ スーパーレコードEPSの充電について書きます。

カンパニョーロ スーパーレコードEPSは電動であるから充電しないと電池切れとなり変速できなくなる訳で、電動コンポの唯一のデメリットというか面倒な作業です。

↓ACアダプターです。

↓この端子をバイクの接続口に装着します。

Canyon Ultimate CF SLXは、ようやく2014モデルから充電池がフレーム内蔵になったと思います。2013年まではバッテリーが外出しだったので見た目ちょっと美しくなく、違和感がありましたが、2014年から内蔵になったことでスッキリ。外出しだったらEPSモデルを買っていなかったです。ちなみに、充電の口はダウンチューブの下にあります。

Canyonから送られてきたコンセントの口はヨーロッパ仕様。そのため、日本で使うにはアダプタが必要です。
私は電気屋でアダプタを買いましたが、ダイソーなどの100円ショップでも売ってました。

充電は1,800kmに1回なので、ホビーレーサーにとっては充電は一年で数回やるかどうかの頻度だと思います。

充電は線を繋げばいいだけなので、思ったほど煩わしくなく簡単でした。


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad