アスリートの心臓カテーテルアブレーション体験記 vol.9

Ad

手術が始まってからしばらくは、部分麻酔なので意識はありました。

医師や看護師が何やらベッドの近くで話していますが、詳しい中身は良く聞こえず。
そうしているうちに、心臓に強制的に不整脈を起こす薬剤を投入したようで、急激に心臓の鼓動が速くなりました。

恐らくそうすることで、どこから異常な電気信号が発せられているのかを突き止めているようです。
鼓動が収まったかと思ったらまた激しい鼓動が起きるというのを数回繰り返しているうちに眠ってしまったようです。

気が付いたら病室のベッドで寝ていました。

深い眠りから覚醒したのがお昼過ぎだったと思います。
カラダはどこか痛いということもなく、すっきりとした感じで目覚めました。

2時くらいに遅い昼食を食べて、夕方の5時くらいには起きても良いということでトイレにも行けました。
カテーテルの傷口は見ていませんが、少し痛むくらい。

6時くらいに夕食が出てきて、食欲もあり一気に食べました。
その日は椅子に座るのも大変なので、ベッドでずっと寝るまで過ごしていたと思います。

心臓の調子は、普通。
まぁ、運動しないと症状がでないので、このタイミングで治ったかどうかは判断できなかったですが、少なくとも悪化はしていないということで一安心でした。


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad