ロードレース世界選手権2014 - スペイン ポンフェラーダ

advertisement

今日はUCIロード世界選手権エリート男子の日です。

現在、YoutubeのUCIチャンネルでライブ中継中です。残り32kmなのであと1時間以内に誰が勝つか決まります。アルカンシエルを誰が着ることになるのか、全く予想できません。

先ほど、残り50kmくらいでトニーマルティンが飛び出し、しばらく独走していましたが、現在は吸収されています。

UCI_Men_Elite_Road_Race_2014

残り30kmで逃げは全て吸収された模様。

ここからどういう展開が待ち受けているか、楽しみです。

おっと、鬼の形相のデマルキが飛び出しました。この人いつも飛び出しているイメージがあります。

【結果】
最後数キロで飛び出したクヴィアトコウスキー(通称:川崎さん)が何と優勝!!捕まるかと思いきや、最後まで逃げ切ってしまいましたね。今年色々と活躍したクヴィアトコウスキーなので大番狂わせという事は無いですが、それでも意外でした。


『Cycle R』はブログランキングに参加しています。他のロードバイク関連ブログはこちらから↓↓↓


advertisement




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

advertisement