「小菅の湯」から今川峠→柳沢峠へ

Ad

前回の続きです。

小菅の湯を出てから、小菅村役場を通り過ぎ今川峠へ。
折り畳み自転車のBD-1(birdy)で来たことはありましたが、ロードバイクでは初めて。

今川峠は登り始めはそうでもないですが、すぐに勾配10%が続き、キツい。スプロケット11-25なので自分はダンシングでないと登れません。

距離は約3㎞と短いので何とか耐えて今川峠到着。

峠を過ぎると丹波山村へと下ります。
下りきったら今度は柳沢峠への長い道のりの始まり。17㎞で約1000mアップ。
国道411号沿いのキノコ屋で犬がクルマのボンネットに上ってました。営業しているのかいつも不明なキノコ屋です。

柳沢峠への道は今川峠と違って勾配はそれほどでも無いので楽です。

「かたなばトンネル」というのが近々できるみたいです。開通すれば柳沢峠までの道も若干短くなると思われます。

ところどころ10%を超えようかという場所もありますが、基本的には10%以内。
野犬が出没するという噂が一時期出た犬切峠への分かれ道、一ノ瀬。最近は野犬は出ないみたいです。

まだ書いていませんでしたが、この日の目的は柳沢峠手前にあるわらび餅屋さん「はまやらわ」に行くこと。
せっせと登るも、何とこの日は休業。

気を取り直して柳沢峠へ。わらび餅屋さんから峠までは約3㎞。
柳沢峠茶屋で「こんにゃく」と「肉うどん」を食べる。

この日は風が強く、柳沢峠からの下りは慎重に下りました。
峠付近の道路の付け替え工事は前からずっとやっていますが、まだまだ掛かりそうです。

国道411号は下界から見てもループ橋の存在感はかなりのものですが、峠から下っても相当なインパクト。この日は強風だったので下るのが怖すぎる。
ここからの写真はRaphaのJapan Randonnéeにも掲載されていますね。

国道沿いの「日本秘湯を守る会」の「裂石温泉 雲峰荘」の傍を通り過ぎ、塩山へと一気に下ります。
ちなみに、「雲峰荘」では宿で飼われている犬の散歩ができるのですよ。また行ってみたい。

4月の中旬でしたが、ちょうど桃の花が満開でした。桃源郷ってやつですか。
天気が良ければもっと綺麗に見れたんだと思います。

塩山からは輪行で帰宅。


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad