ディスクモデルロードは、重いぞ

Ad

写真を整理していたら、正月にスペイン、マヨルカ島に行った時の写真が出てきました。
下の写真は連れが現地でレンタルした、サーベロS3 DISC。

フレームサイズは46ながら、手で持つとずっしりと重い。
正確に計測はしていませんが、感覚的に7㎏後半といった感じ。

ディスクモデルはブレーキ制動力と引き換えにディスクローター部分が重量増となってしまうのがネックだと感じた次第。
もちろん、サーベロS3はフレーム自体が重いですし、装着されているホイールも軽量とは言えないので、余計にそう思ったのかもしれません。
実際、乗り心地も重すぎて途中でCervelo R3に交換してもらいました。

例えばCanyonでも最近ではDISCモデルがどんどん増えており、キャリパーブレーキモデルよりもラインアップが充実してきています。
その割にはディスクブレーキのメンテナンスなどの情報が少ない気がしています。
ネットを見るとオイル交換?が必要なようですが、CanyonのDiscモデルを買ったときに自分でメンテできるのか。。。
なども考えると、個人的にはまだDiscモデルは購入の候補からは外れてしまいます。

とにかくディスクモデルは「重い」という部分が最大のデメリットのような気がしています。


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad