OAKLEYの「Sutro Matte Carbon/Prizm 24K」を買ってみた&インプレ

Ad

【2021/01/19 追記】
本日は、マチュー・ファン・デル・プール(Mathieu Van Der Poel)の誕生日だそうです。
26歳。おめでとうございます!
そして、よく見たらサングラスはOakley Sutroですね。
ホワイトフレームのSutroカッコいいですね。

==============
OAKLEYのロードバイク用サングラス「Sutro」を買ってみました。
2019年のツールドフランスでベルナル選手が着用していたモデルがこのSutroです。
今回購入したフレームカラーは「Matte Carbon」、レンズは「Prizm 24K」です。

Sutroはカタカナで書くと「ストロ」、「スートロ」といった感じでしょうか。日本のオークリー公式サイトでは「スートロ」となっていました。
Sutroはどういう意味なのかは不明です。英語ではなさそうな感じがしますね。造語ですかね。

Sutro Matte Carbonの写真

Sutro Matte Carbonのモデルナンバー

「OO9406-0537」。

「USA ASSEMBLED」

オークリーは今でもアメリカで組み立てしているんですね。

Sutroの重量

Sutroは、先代のJawbreakerやFlight Jacketのように機構が複雑ではないので軽量に仕上がっています。実測約33グラム。

Sutroを使用してみての感想

大きなレンズが特徴ですね。
ファーストインプレッションはイマイチだったのですが、このデザインを見続けるとレトロ感があって、段々とかっこよく見えてきました。
テンプル部分に滑り止めがないので装着した時の安定感はJawbreakerに劣るかと思います。

オークリーロゴはさりげなく側面に。

Sutroには替えのノーズパッドは無し。

海外通販あるある

今回Wiggleで買ったのですが、ダンボールではなくナイロンの袋に入ってきたので到着時に外箱がかなり変形していました。これを海外からナイロンの袋だけに入れて送ってくるとは流石です。。。
クレームしたらWiggleのヴァウチャーをいただけました。

WiggleやCRCでは現時点では在庫切れのようですが、定期的に入荷してくるようです。
Oakleyとしては安価なモデルです。


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad