アスリートの心臓カテーテルアブレーション体験記 vol.1

Ad

数カ月前のことになりますが、不整脈の治療のために「心臓カテーテルアブレーション手術」を受けました。

不整脈といっても色々な症状がありますが、私の病名は「発作性上室頻拍」でした。
ちょっとしたジョギング程度で心拍が190くらいまで上がってしまい、症状が出ると非常に苦しくなり、その後走り続ける事ができないくらいの状態でした。

カテーテルアブレーションについてはネットで調べると色々と情報が出ていますが、スポーツ選手・アスリートが書いた情報がほぼ無く、これを機会に自身の体験記を書いてみようと思います。
一般人よりはスポーツ選手・アスリートは心臓を酷使する傾向にあると思いますので、同様の症状に悩まされている人は多いはず。

診察、手術前、手術後など、色々と手術を体験して分かったことも多いので、これを機会にまとめてみたいと思います。不整脈に悩まれている方の参考になれば幸いです。

→アスリートの心臓カテーテルアブレーション体験記 vol.2


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad