CANYONで能登の温泉旅館「湯宿 さか本」へ

Ad

今年のゴールデンウィークは北陸へ行きました。

・富山県利賀村
・石川県珠洲市
の2か所へ滞在。

富山県利賀村については別途書きますが、石川県珠洲で泊まったのが温泉旅館「湯宿 さか本」
しばしば雑誌などで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思います。

とにかく「何もない」というのをモットーにしており、その代わり食事についてはその時期に採れる美味しいものを使ったこだわったものを提供してくれるというお宿。
食事に使われるお皿・お椀、そして建築も素晴らしいのでそういった面でも通がやってくる旅館です。

珠洲市の幹線道路から少し奥まったところにある「湯宿 さか本」

新緑の緑が眩しい。

さか本玄関にて。

玄関を入ると、かまどや銅鑼、壺などがお出迎え。

わずか4室のみの小さな宿です。
食事はここで皆で一緒にとります。囲炉裏を囲むのではなく、隣にある大きな長机で。

料理の写真は撮っていませんが、ネットで探せば色々出てくると思います。
獲れたてのタケノコの天ぷらや煮物など、頂きました。
他にも旬の魚、野菜などを頂きました。

お風呂。私が訪れた時はコチラが男性用。日によって男女の人数比で変わるそうです。見ての通り家庭風呂とあまり変わらないほど狭いです。2人肩を並べて入れなくは無いですが、窮屈です。私はお風呂好きで長く入りたいのですが、ここでは誰かが入ってくると出ざるを得ません。

廊下と洗面所。綺麗に磨き上げられた廊下は美しいです。洗面所は窓が無く直接外気を感じつつ。

続きます。

「湯宿 さか本」のウェブサイト


ロードバイクの人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

Ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad